スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アームカバーを買いました。

アームカバーを買いました。こちらです。
アームカバー
ワークマンで499円でした。自転車専用品を買うと1,500円ぐらいしますが、
ワークマンならこの値段で置いてます。

ついでに、グローブも追加で買いました。
グローブ
これは2回目で今使っているのも、まだまだ大丈夫ですが予備に購入。
こっちは580円です。結構しっかりした作りで、フィット感もいい感じです。

その他、自転車で使えそうな雨カッパも各種揃えてました。
自転車乗りにワークマンはありがたいです。
スポンサーサイト

パンクしました。

暗い中、はじめての道をゆっくり走っていたら段差がありガツンとやってしまいました。
チューブだけだっったらよかったのですが、タイヤのサイドも切れてしまったので交換です。
まだ、溝も残っていたので残念です。昨年の7月頃に変えたので10ヶ月の使用です。
KENDAKRITERIUMで、若干ゴムが割れかけていましたが、後3ヶ月ぐらいは使えたと思います。
しょうがないので新しいタイヤに交換しました。今回は、パナレーサーのMinits Liteにしました。
値段がKRITERIUMの2倍近くしますが、Minits Toughを使っていた時は2年近く持ったのでKRITERIUMが1年と考えれば、結果的にはコストパフォーマンスは同じぐらいのような気がします。
Minits Lite

Minits Liteの感想ですが、タイヤの太さが変わってないのであまりKRITERIUMと変わりません。
若干しっとりしたような感じがします。たぶん、タイヤに溝があったKRITERIUMに比べて、Minits Liteには溝が無いのが関係すると思います。
ミニベロは、700cのタイヤに比べて高いです。
700cも20インチ(451)も値段的に同じでも持ちが700cの方が良いです。
同じ距離を走っても20インチ(451)は700cに比べてタイヤも回っている回数が多いのでゴムの減るのも早い。私のFarna20は、今回で5セット目です。
通勤にミニベロを使ってますが、700cの方が使い勝手はいいですね。

カッパの撥水効果、復活!

僕の使っているカッパは、4年以上経ってます。
だから、最近は水をはじかなくなってきて、カッパを着ているのに
びしょびしょで、全く着ている意味が無いような状態でした。

撥水スプレーを振り掛けないといけないかなーと思ったんですが
昔に、テレビで傘の水弾きを復活する方法というのを思い出しました。

その方法は、ドライヤーの熱を当てて、もともと傘の生地に
塗られている撥水成分を溶かして復活させるというものでした。

・・・・これ、カッパにも使えるんじゃない?
ということで1週間ほど前にやってみました。

昨日、雨が降ってカッパを使ってみました。
結果、大成功です!
ほとんど新品カッパと同じように水を弾いいてくれました。

googleで検索したら、普通にカッパ復活方法として載ってました。

http://niceedge.link/1416.html

http://www.idokaba.net/article/2015/04/17/226

嬉しくて、記事にしました。



タイヤ替えました

Farna20にはかせていたタイヤが悲惨な状態になったので新しいのに変えました。
今までのタイヤ「パナレーサー(Panaracer) ミニッツタフPT」20ヶ月使用です。
正確には分かりませんが7,000キロぐらい走ったような気がします。

悲惨な状態 

 通勤で使用しているので、結構雨の降っている日も走ります。
そのため痛みが早いかもしれません。

また、同じ「ミニッツタフPT」を買いたかったのですが、高かったので今回は
Farna20の標準で付いていたのと同じKENDAにしました。
KENDA の「KRITERIUM」です。
KRITERIUM

ミニッツタフPT」が1本3,500円ぐらいしていて、「KRITERIUM」は、
タイヤ+チューブの2本セットで5,800円とかなり安かったです。
タイヤ1本の値段では2,300円ぐらいだと思います。
KRITERIUM」の場合、1年ぐらいしか持たないので値段相応かな。

性能では、普通に街中を走っている分には違いは分かりません。
重さもあまり変わらないと思います。
通勤で重要なところでは、対パンク性能ですが、どちらもパンクしにくいと思います。
ガラス片でパンクしたことはどちらのタイヤでもありませんでした。
 
装着 

KENDAの文字が白くてかっこいいです。






自転車の信号

通勤途中で、交差点を自転車で通過したら交通整理をしていた
警察官に注意されてしまいました。

私は、車道の左端を走っていて、車道の信号はでした。
歩道の信号がに変わっていたみたいです。

自転車は車道の信号に従えば良いと思っていたのですが、
調べてみるとそんな単純じゃないみたいです。

交差点に歩行者・自転車専用信号と自転車横断帯がある場合
車道を走行していても歩道の信号に従わなくてはいけないようです。

道路交通法


(自転車の横断の方法)
第六十三条の六  自転車は、道路を横断しようとするときは、自転車横断帯がある場所の付近においては、その自転車横断帯によつて道路を横断しなければならない。

(交差点における自転車の通行方法)
第六十三条の七  自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第十七条第四項、第三十四条第一項及び第三項並びに第三十五条の二の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。



「本当かよ!」って内容です。
これって、今まで車道を走っていた自転車が、車道の信号が
なのに突然、止まったりすることじゃないですか。
後ろにミニバイクが走ってたらびっくりしますよね。
もしかしたらオカマ掘るかも。

何かおかしいような気がします。

プロフィール

Mt.Take

Author:Mt.Take
09年自転車通勤の為に清水の舞台から飛び降りる気持ちで7万円でロードバイク(FELT)を購入。
自転車の魅力に取り付かれたおやじは、20万円を超える自転車が安いと感じてしまうように変貌。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
乗ろうよカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。