スネゲの手入れ

暖かくなってきました。

レーパンも半ズボンをはくようになるので、スネゲを

手入れすることにしました。

前までは、ここで書いているように no! no! HAIR を使っていました。

しかし、面倒なので最近は、もう電動シェーバーになってしまいました。

やっぱり、こういうのはお手軽でないと続きませんね。

電動シェーバーなら、3分でムダ毛処理が終わります。

これなら、毎日やってもいいぐらいです。

ちなみに、わたしは、3日に1度ぐらいです。

Khodaa Bloom Farna20 の紹介

なんか、今日は時間があるので自転車の紹介を書きます。

20140410_070546.jpg

通勤用の自転車として、Khodaa Bloom(コーダ ブルーム) Farna20 に乗ってます。

まずは、Khodaa Bloomと書いて、コーダ ブルームと読みます。はっきり行って読みにくいです。

なぜ、読みにくいかは後で説明します。

最近出来たブランドだと思います。2007年からだそうですが、日本のホダカ自転車

が扱うブランドですので、自転車メーカーとしての歴史は古いです。


日本メーカーの為、日本の街、日本人の体型、日本人の自転車の使い方に合った

スポーツ自転車を作っています。

作りも、パーツのチョイスも凄く真面目だと思います。

無駄に高級なパーツは使っていないので、コストパフォーマンスも優れていると思います。

HODAKAのアルファベットを並び替えて作ったブランド名→KHODAAの為

変な読みにくいスペルになってます。

全体的には「走行性能は、必要十分、お手軽でオシャレ」ってのをコンセプトにしていた

ような気がします。2年ぐらい前には、フルカーボン(DURA-ACE)のバイクがラインナップされたので

もう、立派なスポーツバイクブランドになった気がしますが・・・。


Farna20ですが、折り畳み機能がない20インチミニベロで、ドロップハンドル、幅1インチの細い

タイヤが付いてます。たから、走行性能はかなり高く、30Km/h巡航も可能です。

でも、20インチミニベロなので必死こいて走ってると、馬鹿っぽく見えるのであくまでも

スマートかつ優雅に乗りたいものです。気が付くと結構必死にこいでたりしますが・・・・。

私のは2012年モデルでアルミフレーム、2300系のコンポで組まれています。

定価は7万円ぐらいだったと思いますが、4割引で買ったので、4万チョットでした。

これぐらいの値段であれば、街中に駐輪して買い物が出来ます。

2013年もでるでは、パーツ構成上変わってないように見えますが、カタログ値でなぜか重量が

11.3kg→9.9kg(420mm)に劇的に変わってます。測定しているサイズが違うのかな??

タイヤ、ホイールが変わってるみたいだから、そこで重量が下がったのかな?

でも、1キロ以上軽くなってるからな・・・。わからん。




乗った感じは、20インチなので当然漕ぎ出しが軽いです。折り畳み機構が無いので剛性も

高いし軽いし、デザインも良いと思います。

個人的には、こういう自転車は、タイヤを外してサドルを下げてあげればかなり小さくなるので

折り畳み機構は要らないと思います。あると、重くなるので結局、持ち運びが大変になるし。

通勤では片道7キロですが、15キロぐらいは平気だと思います。ただし、タイヤが小さいのと

フロントフォークがアルミなので、路面に段差があると突き上げがキツイため疲れが溜まる

んじゃないかな。週に1回のツーリングであれば、70キロ、80キロは大丈夫ですが、

そういう使い方の自転車じゃないし。

フロントディレイラーに付いては問題があります。とっても調整がシビアでちょっとでも

ずれると調子が悪くなります。そのためこまめなメンテナンスが必要です。

私の場合、自分で調整がうまく出来ないので、買ったお店で調整してもらっていて

月に1回ぐらいの割合で通ってます。

フロントディレイラーの調整が難しいことは、メーカーさんも認めているみたいで、

メーカーの試乗会に来ていたスタッフの人も言っていました。

2014年モデルでは、コンポがSORAに変わっていたのでもしかすると良くなっているのかもしれません。

重量も10.1kg(480mm)なので、さらに軽くなっているんじゃないでしょうか。
※2013モデルの重量表記のサイズが420mm、2014モデルは480mm

それで、定価は8万円!

コスパ、高




マジに、Farna20 いいです。

最近はピナレロの出番が少なくなってます。

今のプリンターってすごい

プリンター

一応コンピューター関係の仕事をしているということで

自治会で使用するプリンターの準備を頼まれました。

プリンターを買うのは15年ぶりぐらいかも知れない。

一番最初に買ったのは、25年ぐらい前かな~?(四半世紀前だ・・・)

そのときは、24ドット、インクリボンドットインパクトのプリンターだったと思う。

親に頼んで、高いカラー印刷の出来るプリンターを買ってもらった

値段は、高かったとしか覚えてない。

プログラム(BASIC)のソースを印刷するのに使った。でもすぐにインクリボンが

無くなったので、あんまり使った記憶が無い。

それから、安いインクジェットとか出てきて、写真の印刷が出来るようになった。

2台か3台買ったけど、あるときから写真は写真屋さんに頼んだ方が安くて綺麗

という結論になり、そうしていた。

文章を出すときは会社のレーザープリンターから出したし、自分でプリンターを

買う必要性を感じなかったのでプリンターの現状を調べていなかった。

今回、頼まれたこともあり最近の最新プリンター事情を調べたら、

ホントに便利、かつ、安くて綺麗。




まず、自治会で使うって事でそれなりに大量に印刷する。

でも、毎日じゃない。コピーが主な使われ方。

複数の特定の人がコンピューターから印刷する。

だから、まずは会社のようにコピー機(複合機)をレンタルしようかと

思いましたが、結構高いことが判明。私の調べでは、5千/月~2万/月

SOHO用のビジネスプリンターを調べてみました。

ちょうど良い感じのが、エプソン、ブラザー、大体6万円ぐらいでありました。

エプソン・・・・PX-M5041F


ブラザー・・・・MFC-J6970CDW


キャノン・・・・ちょうどいいのが無いような?

今って、レーザーもインクジェットもラーニングコストが同じぐらいみたい。

カタログ値で1.5円ぐらい。

カラーも使用可能って事を考えるとインクジェットの方がずっと安かった。

それで、MFC-J6970CDWの方がラーニングコストが安いのと、印刷速度が速い

耐久枚数もPX-M5041Fが8万枚に対して、MFC-J6970CDWが10万枚と多いので

ブラザーのMFC-J6970CDWにしました。

近くのケーズデンキで4万2千円、プラス5%(2,100円)で3年保障。

ネットより安く買えたんじゃないかな。それに故障しても店に持ち込めばよいし。




では、使ってみた感想です。

今回、プリンターのそばにパソコンをもって行かなくても良い様に

無線での接続にしました。無線ルーターも買いました。

パソコン、プリンターともに、WPSのボタン一発で接続完了です。

プリンタードライバーをインストールし、準備完了。

レーザーに比べてヘッドが動くので音が大きいです。

置いてある台がしっかりして無いと台が揺れます。

フロントパネルの操作がしやすくてオフィスの複合機を

使ったことのある人であれば、迷うことは無いです。

これから、1年とか使うと欠点が見えてくるかもしれませんが

今のところ、値段以上の性能を感じるので不満は無いです。

茶摘みの季節

茶畑1

5月は茶摘みの季節です。

朝、茶畑の中を走ります。

清々しい空気のなかに、ほのかにお茶の葉の香りが
するような気がします。

茶畑2




自転車通勤の楽しみ

ちょうど、通勤の時間帯は小学生の登校時間と重なります。

僕は、小学生の登校風景や下校の様子を見るのが好きです。
なんか、見てると和みませんか?

友達と、じゃれあったりふざけたりしてるのを見ると
こっちまで楽しくなりますよね。

いつも行く途中で見る風景で集団登校の集合場所が
公園の班の小学生がいます。その子達は、いつも出発の時間に
なるまでサッカーをしてます。

背の高い6年生の女の子が、黄色い旗をもって小さな1年生を
連れて歩く様子を見るのも大好きです。

そういう、街の様子を見ながら自転車で通勤できるって
幸せだなって思う今日この頃です。
プロフィール

Mt.Take

Author:Mt.Take
09年自転車通勤の為に清水の舞台から飛び降りる気持ちで7万円でロードバイク(FELT)を購入。
自転車の魅力に取り付かれたおやじは、20万円を超える自転車が安いと感じてしまうように変貌。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
乗ろうよカウンター